教育とつながりの街、
港区へ。

~港区を未来へとアップデートする!~

4つの「つなげる」お約束


地域や企業と学校の子供たちをつなげる
私立の子供と公立の子供をつなげる
新住民とこれまで住んでいた人をつなげる
伝統と新しい未来をつなぐ

区政にかける思い


はじめまして。私は、港区で2人の育児をしつつ、社会人や子どもの教育の仕事をしております松浦貴昌と申します。

30歳を超えて育児と仕事をしながら教職の大学に行き、教員免許を小学校、中学校、高校と取得しました。教育実習は港区の小学校です。そこで目にした現実と、教職課程での学びから地域の教育に対するおもいを強くしました。

2020年には10年ぶりに学習指導要領の改訂が行われ、新しい未来に向けて教育改革が進められていきます。しかし、港区の小・中学校などの現場では、教員の長時間労働やネットいじめの問題、不登校や発達障害に関わる対応など問題は山積しています。そこに新たにプログラミング教育やアクティブラーニングなどが加わることになります。

一方で渋谷区の学校では教員へのICT研修や異才発掘プロジェクトROCKETを取り入れ、世田谷区では公設民営の学校の新設やコミュニティスクールを推進し、地域の学校経営の関わりを増やしています。

港区でも学校のICT化を平成30年から進めていますが、他の区の実践はいち早く取り入れ、新たな教育施策の試行錯誤をスピード感を持って進める必要があると思っています。また、港区は地域や企業の人たちの人的資源が潤沢です。そういう方々に学校に入ってもらい、プログラミング教育やグローバル・多文化共生教育、起業家教育や金銭教育など教員と協働して子ども達に提供すればもっと多様な学びが得られるはずです。子どもたちの「未来に生きる力」は、地域や企業の力を使ってこそ可能になると思っています。

かくいう私は、26歳までのバンドの経験を通して多様な文化や価値観を学び、また、家庭の事情でバンドを脱退した後は、ビジネス経験や教育NPOを立ち上げ、10年間ほど一貫して人と人をつなげることで起業・ビジネス支援やキャリア(職業観)教育などをしてきました。

これまでの経験と人とのつながりを最大限に活用して、息子2人の地元となる港区をより良くすることに人生を使いたいと覚悟を決めました。これまで私がもらった両親や地域の方々からの恩を、今こそこの地域に「恩送り」をしていきたいと思っています。

まだまだ未熟なところも多々ありますが、末永くどうぞよろしくお願いいたします。

松浦貴昌

プロフィール


実現させたい政策


コミュニティスクールの推進
授業のICT化・プログラミング教育の推進
英語専任教師の全校配置
先生の働く環境の改善
いじめ、ネットいじめ対策
公設民営のオルタナティブスクールを新設
学童の質と量をあげる
幼老施設の新設と拡充
児童養護施設の充実と里親制度の普及
プレーパークの常設
自然公園の教育的活用
区政へのPDCAの導入
行政の業務スリム化
議論できる議会に
障害者と若者の就労支援
障害者雇用A型事業者の質の向上
肢体不自由、ALS患者、難病患者(多発性硬化症)支援
キャッシュレス店舗の推進

応援メッセージ


古川 享(ふるかわ すすむ)

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)教授
日本法人マイクロソフト 初代社長

松浦さんのことを友として、メンターとして心から応援しています!

後援会のご案内


松浦貴昌後援会では、松浦貴昌氏の政治活動を支援して下さる会員を募集しております。政策や信念に共感していただける方であれば、どなたでも入会いただけます。入会費や年会費などは一切かかりませんので、ぜひともご支援いただけますよう、お願い申し上げます。お知り合いの方もぜひご紹介ください。

後援会の目的は、松浦貴昌氏の社会的・政治的活動を支援することで、街の発展と住民生活の向上を図り、あわせて会員相互の親睦を深めることです。また、そのための座談会および研究会を開くほか、資料やレポートを配布し、必要な事業を推進していきます。

誇れる街を未来の次世代に引き継ぐために、松浦貴昌氏の活動にご協力をお願いいたします。

後援会事務局長 村越 力